SSブログ
前の10件 | -

コムクドリ(小椋鳥) [野鳥]

コムクドリ(小椋鳥)・・・2021/04/10記

最近ネタ切れ状態ですが何も努力していないわけではありません(汗)
今日もタイトルのコムクドリ(小椋鳥)を撮りに片道40kmのフィールドに行って来ました。
例年ならほぼこの時期ですが今年は桜前線も早かった影響があるのか全く姿を見せず。
相手をしてくれたのは雀とムクドリのみでした。これなら家の周りにも居るわい!とつい毒づいて(>_<)

もう今シーズンは撮れそうも無いので過去物2017年の写真をアップします。

                           |坂の上の蜘蛛|
① 桜の花が皆散って葉桜の新緑も鮮やかです。
BL01-TACK0571-2-LR.jpg

② コムクドリの背中の色も特徴的で綺麗です。
BL02-TACK0133-2-LR.jpg

BL03-TACK0212-2-LR.jpg

④ 愛嬌のあるポーズ。
BL04-TACK1678-2-LR.jpg

BL05-TACK1715-2-LR.jpg

BL06-TACK2003-2-LR.jpg

BL07-TACK2118-2-LR.jpg

⑧ 少し遠くの木止まり。良い雰囲気です。
BL08-TACK2230-2-LR.jpg

BL09-TACK2268-2-LR.jpg

⑩ 騒音や糞害でとかく迷惑がられるムクドリとは別物の魅力があります(^^)
BL10-TACK2275-2-LR.jpg
|END|

nice!(46)  コメント(6) 

都会のオオタカ [野鳥]

都会のオオタカ・・・2021/04/07記

近年郊外の公園などで繁殖に成功している例が増加傾向で希少野生動植物が解除されたとか。
猛禽類の頂点に君臨するオオタカが増えるのは好ましいことである。
一時希少野生動植物に認定され保護対象になった事に起因しているようだ。

オオタカという名前の割に決して大きいわけではなく、カラスとそれほど差は無い。
オオタカの名前の由来は別にあるようだ。
しかし獰猛さにおいてはカラスの比ではない。とは言え必要以上に狩りをすることも無く、
他の小鳥を襲ったり、巣を荒らすこともない紳士的な性格のようだ。

                             |坂の上の蜘蛛|


① このポイントは現在抱卵中でなかなか巣から出てこない。通常雄が餌を持って来るはずが夕方になっても
  来ないのでおねだりに巣から出てきたところの撮影です。
BL01-R6ML2761-2-LR.jpg

② 枝被りで影は出来るしもう少し良い処に飛び出して欲しい^_^;
BL02-R6ML2779-2-LR.jpg

BL03-R6ML2853-2-LR.jpg

BL04-R6ML2922-2-LR.jpg

⑤ 巣の近くでひたすらオス(餌)を待ちます。
BL06-R6ML3052-2-LR.jpg

BL07-R6ML3113-2-LR.jpg

⑦ 大きな口を開けてキー・キー鳴いてオスを呼んでいました。
BL09-R6ML3221-2-LR.jpg

BL12-R6ML3363-2-LR.jpg

BL13-R6ML3387-2-LR.jpg

⑩ 結局5時近くなってもオスは来ないので巣に戻ってしまいました。私もそこで撤収しました(>_<)
BL14-R6ML3399-2-LR.jpg

|END|

nice!(57)  コメント(6) 

俄・カワセミ野郎 [野鳥]

俄・カワセミ野郎・・・2021/04/03記

我が家から比較的近くのカワセミフィールドが、桜カワセミに意外に良いと言うので行って見ました。
どんな良い処でも東京近郊の桜は予想通りほぼ葉桜の時期になっています(>_<)
ここも例に漏れず桜は所々に少し残っているだけで華やいだ雰囲気は無く寂しい感じでした。

それでも何とか桜絡み写真が撮れたのは幸いでした(汗。
このコンディションでは桜カワセミはこれ以上は望めそうも無く、営巣期に入っており、求愛給餌を
しているので、俄カワセミ写真家になりきりホバリングからエサ捕りシーンを狙いますがホバリングからの
エサ捕りはタイミングが読めずにダイビングは撮れず、ホバリングだけはたっぷり撮って来ました^_^;
カワセミのホバリングにいつの間にか夢中になっている自分、俄カワセミ野郎がいました(笑い)

                                    |坂の上の蜘蛛|


① 僅かに残って入る桜の近くに来てくれました(^_^) お情けですかね。
BL01-R6ML1855-2-LR.jpg

BL02-R6ML1898-2-LR.jpg

BL03-R6ML2355-2-LR.jpg

BL04-R6ML2491-2-LR.jpg

⑤ 対岸では交尾や求愛給餌をしていました。
BL05-R6ML1332-2-LR.jpg

⑥ 以下ホバリングです。久しぶりだったので夢中で撮りました。
BL06-R6ML1668-2-LR.jpg

BL07-R6ML1670-2-LR.jpg

BL08-R6ML1671-2-LR.jpg

⑨ 背景を変えてみました。
BL09-R6ML1762-2-LR.jpg
BL10-R6ML1766-2-LR.jpg

BL11-R6ML1798-2-LR.jpg

BL12-R6ML1803-2-LR.jpg
BL13-R6ML1789-2-LR.jpg

⑭ 諦めて飛び去ります。
BL14-R6ML1806-2-LR.jpg

|END|

nice!(66)  コメント(10) 

ベンケイヤマガラ [野鳥]

ベンケイヤマガラ・・・2021/04/01記

昨年10月頃ベンケイヤマガラという変種に興味を惹かれ何度か通った記憶がまだ消えないうちに
又、同じ付近に出ているとのことで何度か通ってみた。
いつも行く時間が遅いこともあり中々撮影チャンスが少ない。
今日が3回目だが未だ満足の行く写真は撮れていない。
普通のヤマガラはいくらでも良い感じで撮れるのにとにかく忙しなくて見つけても撮影は厳しい(>_<)

一つの鳥が仕留められないと執拗に撮りたくなるという癖が出てしまった(汗。
他に撮りたいものもあるし、一区切り付けて気分転換するか(^^)

                          |坂の上の蜘蛛|


① 良い処に止まったが顔の向きが・・・(>_<)
BL01-R6ML0807-LR.jpg

② これまた近すぎて枝被りが避けられず思うように撮れない。
BL02-R6ML0714-LR.jpg

BL03-R6ML0715-LR.jpg

BL04-R6ML0716-LR.jpg

BL05-R6ML0717-LR.jpg

⑥ ここは良い距離・場所だったが姿勢がイマイチ(>_<)
BL06-R6ML9828-LR.jpg

⑦ 水浴びも体の向きが・・・
BL07-R6ML0300-LR.jpg

⑧ これがやっと。 水浴びなので足が見えない。
BL09-R6ML0355-LR.jpg

BL10-R6ML0416-LR.jpg

BL12-R6ML0493-LR.jpg

 *おまけ:普通のヤマガラ・・・簡単に良いポーズが撮れます(^^)
BLxx-R6ML0604-LR.jpg

                        |END|

nice!(51)  コメント(4) 

桜の頃 [散策]

桜の頃・・・2021/03/30記

桜について「この国のけじめ」藤原正彦著の中に”日本人と桜”というくだりに触れています。
 *詳細は・・・http://nagataku.sakura.ne.jp/privacy/pg80.html

 桜の花の時期になると、みながうきうきします。桜前線が南から上がって来ると、もう吉野は満開かな、高遠や小田原はどうだろう、千鳥ケ淵や井の頭公園は来週かな、弘前の桜はいつになるだろうなどと、みな自分の知っている桜の名所が気になり出す。桜前線が地元に至ると、今度は天候を心配します。・・・中略
桜は人生そのものの象徴だから、誰もが気になって仕方ないのです。

と色々形容され美化される桜の咲く頃になると気はそぞろ、落ち着かなくなる・・・私もその一人です。
今年は雨のお花見やカワセミ絡みの撮影でそこそこ見てますが昨日は夕方思い立ち、地元の私好みの桜を
バイクで一周してきました。
わずか2時間程度の散策でしたが長閑な桜を愛でる人々をスケッチしてきました(^_^)

                                |坂の上の蜘蛛|

① 多摩川の土手沿いに植えられた桜並木。いつの間にか大木に育ちました。

BL01-0Z0A9471-2-LR.jpg

① 土手の上で戯る人、サイクリングをする人達と様々です。

BL02-0Z0A9422-2-LR.jpg

③ 結婚の前撮りをしていたのでお祝いを込めて撮らせて戴きました。
  快く撮らせてくれた美男美女カップル。君達に幸せあれ〜♪\(^O^)/
BL03-0Z0A9435-2-LR.jpg

④ こちらはワンちゃん! こちらもお行儀良くカメラ目線で撮らせてくれました(^_^)
BL04-0Z0A9458-2-LR.jpg

⑤ 裏通りに入ると生ゴミ捨て場か何か不明?公衆電話BOXもありました。
BL05-0Z0A9480-2-LR.jpg

⑥ 川崎駅西口のソリッドスクエアの桜。ここもお花見ポイントですが、やはり人は少な目です。
BL06-0Z0A9501-2-LR.jpg

⑦ 
BL07-0Z0A9503-2-LR.jpg

⑧ 京浜東北線や東海道線が頻繁に通ります。
BL08-0Z0A9611-2-LR.jpg

⑨ 同上
BL09-0Z0A9644-2-LR.jpg

⑩ こちらは歩道。
BL10-0Z0A9678-2-LR.jpg

⑪ 今は春休み中。入学式の前撮り?でしょうか。
BL11-0Z0A9693-2-LR.jpg

BL12-0Z0A9739-2-LR.jpg

⑬ 近所のお寺(真言宗延命寺)の境内で。 本堂に桜が絡む仏閣は少ないです。
BL13-0Z0A9786-2-LR.jpg

⑭ 近くのお花見公園。 珍しく数組のグループがお花見をしていました。真っ赤な花が際立ちます。
BL14-0Z0A9807-LR.jpg

⑮ 満開と思いきや、こんなに散っています(>_<)
BL15-0Z0A9816-LR.jpg

⑯ 帰宅した頃は夕焼けが綺麗でした。残念ながら富士山は見えません。
BL16-0Z0A7162-Edit-LR2.jpg

|END|

nice!(44)  コメント(2) 

さくら・カワセミ [野鳥]

さくら・カワセミ(桜・翡翠)・・・2021/03/28記

季節の草花によく似合う翡翠だが、以外に良いシーンに巡り会えないのが日本を象徴する桜です。

数ヶ所話題になるポイントは知っているがなかなか思うように撮れていない(>_<)
そこで今年は鳥友に聞いた初めてのフィールドに行って見た。
ここは街の中を流れる川の両側に3km程の桜並木があり知る人ぞ知るお花見ポイントです。
昨日は土曜日と言うこともありお花見客でごった返していた。
サクラカワセミがよく見られるというポイント付近は花見客もピークなので流石に翡翠も
ここは超高速で通過するだけで立ち寄る気配は全く無い(>_<)

場所替えで桜並木の下流端に行ったら間もなくカワセミが登場。取り敢えずやったー\(^O^)/!
しかし何度か来たが毎回止まる位置は最端の枝。しかも端部の花の無いところばかり。

考えて見たらカワセミはお花見に来ているわけでは無く、枝から川に棲む魚を見つけるためだ。
その為には桜の花が少なく見通しの良い場所を選ぶのは当然と言える(泣。
この日もあっという間に水面から5メートルもありそうな場所から一瞬で大きめの魚を捕って来た。

他にも色々なシーンを撮ったが、今回はあくまでも桜絡みテーマに限定します(^_^)

                                 |坂の上の蜘蛛|


① 昨日の定番ポイント。とにかく花の無いところに止まります。
BL01-0Z0A8021-2-LR.jpg

BL02-0Z0A8138-2-LR.jpg

BL03-0Z0A8149-2-LR.jpg

④ 自分が移動して背景に桜を絡ませます。
BL04-0Z0A8410-2-LR.jpg

BL05-0Z0A8511-2-LR.jpg

BL06-0Z0A8800-2-LR.jpg

⑦ 水面に急降下(ダイブ)
BL07-0Z0A8807-2-LR.jpg

BL08-0Z0A9000-2-LR.jpg

⑨ 一旦手前の桜枝に止まりかけるもスルーして定位置に(泣)
BL09-0Z0A9024-2-LR.jpg

⑩ 飛び出しに備えて待っていると羽繕い。根負けします。
BL10-0Z0A9167-2-LR.jpg

⑪ 水面に近い枝に止まるかと思いきや・・・
BL11-0Z0A9410-LR.jpg

⑫ 結局何時もの位置に(泣き。
BL12-0Z0A9245-2-LR.jpg

|END|

nice!(51)  コメント(8) 

お花見 [散策]

お花見・宿河原二ヶ領用水・・・2021/03/26記

昨日お花見に行って来ました。たまには日本の四季を肌で感じるのも悪くはないかと。
昨日は午後から天候が不安定で小雨が降ったり曇ったり晴れたり気まぐれな春の陽気でした。

孫の顔を見る機会もコロナ過もあり一時より減っているのでそのリカバリーということで娘の住んでいる
近くの宿河原二ヶ領用水にしました。

桜は満開、花曇りの陽気はさておき久しぶりに鳥から開放された1日でした(^_^)
                                |坂の上の蜘蛛|


① 満開のソメイヨシノに覆われた二ヶ領用水と交差して電車が通ります。
BL01-0Z0A6751-2-Edit-2-LR.jpg

② レジャーシートを敷いたグループは一組も居ませんでした。座っているのもこの二人だけでした(^^)
BL02-0Z0A6735-2-LR.jpg

③ 車掌さんも花見? 間もなく駅です!
BL03-0Z0A6881-2-Edit-2-LR.jpg

④ 類似シーンが多いですが、ここが好きなんです(^^)
BL04-0Z0A6952-2-Edit-2-LR.jpg

⑤ 大人は立ったままでは通れません(>_<) お年を召したおばあちゃんは更に腰を曲げて通ります。
BL05-0Z0A6889-2-LR.jpg

⑥ マスクをしてのお花見は2シーズン目になります。早く過去の笑い話になることを祈ります。
BL06-0Z0A6683-2-Edit-2-LR.jpg

⑦ 久しぶりに90mmマクロレンズを使ってみました。(以下全て同じ)
BL07-0Z0A7039-2-LR.jpg

BL08-0Z0A7043-2-LR.jpg

⑨ 
BL09-0Z0A7071-2-LR.jpg

⑩ マクロの意味はないけど・・・たまたま付いていたので(m_m)
BL10-0Z0A7107-2-LR.jpg

|END|

nice!(36)  コメント(0) 

続々・コミミズク [野鳥]

続々・コミミズク・・・2021/03/24記

又々昨日コミミズク行って来ました。今季3度目の挑戦です!
慣れもあり比較的手軽に撮れるので少しばかり渋滞路の関係で時間はかかるけど気軽に行けます。

少しばかり前回より良いシーンを撮れないか現地で色々思案しますが、鳥のルートが大体同じなので
大胆な構想は浮かばず、ほぼ同様の結果に終わりました(汗。
良いシーンに出会うためにはまだまだお参り回数が少な過ぎる様です(>_<)

いつまで居るか判りませんがそれでも昨日は出てくれました(^_^)

                      |坂の上の蜘蛛|


① 飛び出し直後! 背景が悪い(>_<)
BL01-0Z0A0345-2-LR.jpg

BL04-0Z0A0363-2-LR.jpg

BL05-0Z0A0369-2-LR.jpg

BL06-0Z0A0491-2-LR.jpg

BL07-0Z0A0492-2-LR.jpg

BL08-0Z0A1128-2-LR.jpg

BL09-0Z0A7524-2-LR.jpg

BL10-0Z0A7605-2-LR.jpg

⑨ 連続シーンは1枚に纏めました。
BL11-0Z0A7608-2-Edit-LR.jpg

⑩ 獲物を見つけると翻って草むらに飛び込みます!
BL12-0Z0A7646-2-LR.jpg

BL13-0Z0A8045-2-LR.jpg

BL14-0Z0A8047-2-LR.jpg

BL15-0Z0A8150-2-LR.jpg

BL16-0Z0A8249-2-Edit-LR.jpg

BL17-0Z0A8708-2-LR.jpg

BL18-0Z0A9172-2-LR.jpg

BL19-0Z0A9244-2-LR.jpg

BL20-0Z0A9351-2-LR.jpg

⑲ 5時頃だったか2羽になりましたが中々フレームに納まりません。
BL21-0Z0A9758-2-Edit-LR.jpg

⑳ コミミズクのカメラ目線を集めて見ました。飛びながらこちらを見ているように見えます(^_^)
BL22-ホバリングFORM-2-2-LR.jpg

|END|

nice!(44)  コメント(2) 

林道の春 [野鳥]

林道の春・・・2021/03/22記

一週間程前丹沢山麓の林道にカワガラスやミソサザイを狙って出掛けたが陽気が良く気持ちは良かったが
鳥はさっぱり。不慣れな場所でもあるのでポイントが絞れない。

追い打ちを掛けるようにカメラの機嫌が悪く設定をいじりだしたらどんどん泥沼に・・・(大汗。
踏んだり蹴ったりの結果だった(>_<) 

林道はすっかり春の兆しで多くのハイカーに出会った。 と言うわけでこの日の写真は林道に咲き乱れる
ミツマタ(三椏)のみ。ハイカーもこれ狙いのようでした(^_^)

狙いものの写真がないので少し古い在庫から狙いものに近い写真を掲載します。温故知新!(汗。

                                    |坂の上の蜘蛛|


① ミソサザイ。
01-05-E1DX7471-2LR-1.jpg

02-07-E1DX7529-2LR-1.jpg

03-08-E1DX7690-2LR-1-2.jpg

04-10-E1DX7793-2LR-1.jpg

⑤ 以下カワガラス。
05-0-E1DX8394-2LR-1.jpg

06-21-E1DX8430-2LR-1.jpg

07-14-E1DX8241-2LR-1.jpg

08-16-E1DX8358-2LR-1.jpg

09-17-E1DX8373-2LR-1.jpg

10-18-E1DX8376-2LR-1.jpg

⑪ 滝の中間の穴(安全地帯)に巣を作ります。
11-12-E1DX8121-2-EditLR-1.jpg

12-15-E1DX8345-2-EditLR-1.jpg

⑬ ミツマタ(三椏)の花。
13-BL-00a-R6ML6527-2-LR.jpg

14-BL-00b-R6ML6528-2-LR.jpg

|END|

nice!(47)  コメント(6) 

続・コミミズク [野鳥]

続・コミミズク・・・2021/03/19記

今日はコミミズクの第2弾です。

たくさん撮ったので1年シリーズと考えましたが、私自身飽きが来そうなので2回位で締めようと思います。
情報って意外性や新鮮味が無いと面白くないですよね。

野鳥も同日だと行動パターンが似ており似通ったシーンが多くなりがちだし(>_<)
又、忘れた頃に出すかも知れません(^_^)
                 |坂の上の蜘蛛|


① 木止まりから。
BL21-R6ML2404-2-LR.jpg

② モジモジ・・・飛び出しそう。
BL22-R6ML2415-2-LR.jpg

③ とんだ!!
BL23-R6ML2426-2-LR.jpg

BL24-R6ML2427-2-LR.jpg

⑤ 餌を見つけたか草むらに飛び降りますが、居なかったのか再び飛び出します。
BL25-R6ML8422-2-LR.jpg

BL26-R6ML8423-2-LR.jpg

BL27-R6ML8424-2-LR.jpg

BL28-R6ML8425-2-LR.jpg

BL29-R6ML8427-2-LR.jpg

BL30-R6ML8428-2-LR.jpg

⑪ 羽ばたいている割に前に進んでいません?
BL31-R6ML8429-2-LR.jpg

⑫ 縦位置で無理矢理菜の花絡みにしました。
BL32-R6ML9512-2-LR.jpg

BL33-R6ML9559-2-LR.jpg

⑭ 無理しなくてもしっかり菜の花のど真ん中に止まりました。おとぎ話の世界ですね(^_^)
BL34-R6ML9812-2-LR.jpg

⑮ また移動。
BL35-R6ML2459-2-LR.jpg

⑯ 菜の花の上空を飛んで欲しいが真逆の地面すれすれです(>_<)
BL36-R6ML9919-2-LR.jpg

BL37-R6ML9920-2-LR.jpg

⑱ ちょっと雰囲気を変えて(^^)・・・余り違わないか。
BL38-R6ML1695-2-LR.jpg

|END|

nice!(45)  コメント(4) 
前の10件 | -